設置を考えている方必見!仙台市内のガス給湯器業者!

ガス給湯器の設置前に知っておきたいメリット・デメリット

今このページを読まれている方のうちの多くは、現在ご自宅やその他ご所有されている建物などにガス給湯器を設置することを検討されている方なのではないかと思います。

一般的に給湯器にはその動力源としてガスを使用するもの以外にも、電気を使用するもの、あるいは石油を使用するものなどが存在しています。

では、その多種ある動力源のうち、あえてガスを選択することにはどのようなメリットが存在するのでしょうか?またその逆に、ガスを使用することによるデメリットは存在するのでしょうか?

このページでは、そういったガス給湯器ならではのメリットおよびデメリットについて紹介をしていきたいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

ガス給湯器ならではのメリット

初期費用が安い

さまざまな給湯器のうち、ガス給湯器を選択する最も大きなメリットとしてあげられるのが初期費用の安さです。

ガス給湯器は本体内部の構造が比較的単純であり、なおかつさまざまな割引などが適用されやすいということもあり、その本体価格や設置費用は電気や石油給湯器に比較してかなり割安となっております。

もちろん実際のコストは給湯器本体のグレードや設置業者の価格設定により変化もするのですが、一般的にガス給湯器の場合、他の給湯器に比べ数分の一程度の価格で設置をすることが可能となります。

実は環境に優しい

ガス給湯器はガスを燃焼させその熱で水を温めるものであるため、どうしても二酸化炭素排出など環境に優しくないイメージを持たれがちとなっております。

しかし実際には石油給湯器もまた燃焼によって熱を得るという点ではガス給湯器と同じであり、電気給湯器の場合も電気を作るには火力、水力、原子力などの発電システムが必要でありやはり環境負荷が存在します。

このようなことをトータルに考慮した場合、その場で使う分だけの熱を発生させるガス給湯器はその他の給湯器に比べ比較的環境に優しいということが知られています。

給湯性能が高い

ガス給湯器のメリットとしては、やはり給湯性能の高さも挙げられます。

電気給湯器の場合、一日に一度給水タンクの水をすべて熱し、それを一日かけて使い切るというシステムを採っているため、どうしてもお湯が冷めていってしまうという傾向があります。

また石油給湯器の場合には水を熱する際強い火力を使用するため、逆にお湯を過度に温めてしまったり加熱による給湯器本体へのダメージが大きくなってしまったりする傾向があります。

これに対してガス給湯器は安定した温度で24時間いつでも給湯をすることが可能となります。

また水圧に関しても電気給湯器の場合にはどうしても水圧が低く、シャワーなどの勢いが弱くなりがちなのに対し、ガス給湯器の場合には常に変わらない水圧でお湯を出すことが可能となっております。

ガス給湯器ならではのデメリット

給湯器本体の寿命が短い

ガス給湯器ならではのデメリットとして第一にあげられるのが給湯器本体の寿命の短さです。

ガス給湯器は内部でガスを燃焼させて熱を起こすため、どうしてもダメージが蓄積しやすい構造となっています。

またガス給湯器はガスを通す配管の劣化も起こりやすく、そのことも寿命の短さと関連しています。

こうしたことから一般的に電気給湯器の寿命が15~20年以上であるのに比べ、ガス給湯器の寿命は10~15年程度となっております。

ランニングコストが若干高い

ガス給湯器は電気給湯器や石油給湯器などと比較をすると、若干ではありますがランニングコストが高くなる傾向があるとされます。

ただしガス給湯器のランキングコストは供給されるガスが「都市ガス」であるか「プロパンガス」であるかによって大きく左右され、この内都市ガスの場合には電気給湯器と大きなコストの差は生じない傾向があります。

サイト内検索
ランキング
菜花空調
仙台給湯器.com
タゼン
正直屋 仙台店
創和工務店