設置を考えている方必見!仙台市内のガス給湯器業者!

ガス給湯器は修理と交換どっちがおすすめ?メリット・デメリットを解説!

メリットデメリット

長く使用している給湯器が壊れた場合、修理と交換どちらを選択すべきか悩ましいですよね。費用面や安全面、今後のランニングコストなどを考慮する必要があります。本記事では、ガス給湯器の修理と交換のメリット・デメリットなどをくわしく解説していきます。ガス給湯器の修理や交換を検討されている方は、ぜひ最後までご一読ください。

ガス給湯器修理のメリットとデメリット

ガス給湯器が故障した場合、修理と交換のどちらを選択するか悩むものです。修理には、費用が安い、短時間で対応できるといったメリットがあります。

メリット

まず、修理の最大のメリットは、費用が安いことです。交換に比べて部品代と技術料のみで済むため、数千円から3万円程度で修理できます。これは、交換にかかる費用と比べて大幅に安く済むため、経済的な負担を抑えられます。

また、修理のもう一つのメリットは、短時間で対応できることです。業者によっては、当日中に修理を完了してくれる場合もあります。そのため、お湯が使えないという状況をすぐに解消することができます。これは、特に冬場などにお湯が使えないと困る場合に大きなメリットとなります。

デメリット

しかし、修理にはいくつかのデメリットもあります。まず、根本的な解決にならない可能性があります。修理は、あくまでも故障した箇所を直すだけなので、根本的な原因が解決されない場合があります。そのため、すぐにまた同じ箇所が故障してしまう可能性があります。

特に、経年劣化が原因で故障している場合は、修理を繰り返しても根本的な解決にはならない可能性が高いです。次に、古い給湯器の場合は部品がない可能性があります。給湯器は、生産終了から10年以上経過すると、修理部品がなくなってしまう場合があります。

そのため、古い給湯器が故障した場合は、修理ができない可能性があります。さらに、経年劣化による他の箇所も故障する可能性があります。給湯器は、10年以上使用すると、経年劣化によって様々な箇所が劣化します。そのため、修理箇所以外にも故障する可能性があります。修理を繰り返すと、最終的には交換が必要になる場合もあり、結果的に費用がかさむ可能性があります。

このように、ガス給湯器修理にはメリットとデメリットがあります。修理を検討する場合は、これらのメリットとデメリットをよく理解した上で、判断することが大切です。

ガス給湯器交換のメリットとデメリット

交換には、新しい機能を搭載できる、長期間使える、ランニングコストが下がるといったメリットがあります。しかし、費用が高い、工事に時間がかかるといったデメリットもあります。

メリット

まず、交換の最大のメリットは、新しい機能を搭載できることです。省エネ性能や安全性が高い、追い焚き機能付きなど、最新の機能を搭載した給湯器に交換できます。従来の給湯器と比べて、省エネ性能の高い給湯器に交換することで、ガス代や電気代を節約できます。

近年では、CO2排出量を抑えられる環境に優しい給湯器も人気です。安全性に関しても、最新の給湯器は、従来の給湯器よりも安全性が向上しています。例えば、過熱防止機能や空焚き防止機能など、様々な安全装置が搭載されています。

追い焚き機能付きの給湯器に交換すれば、いつでも温かいお風呂に入ることができます。特に冬場など、追い焚き機能は重宝します。また交換のメリットとして、長期間使えることが挙げられます。

最新の給湯器は、10年以上使用できる高耐久なものがほとんどです。そのため、一度交換すれば、長い間安心して使うことができます。

デメリット

また、ランニングコストが下がることもメリットの一つです。省エネ性能の高い給湯器に交換することで、ガス代や電気代を節約できます。このように、ガス給湯器交換にはメリットとデメリットがあります。交換を検討する場合は、これらのメリットとデメリットをよく理解した上で、判断することが大切です。

10年以上使用している給湯器の交換

10年以上使用している給湯器が故障した場合、修理するか交換するかを判断するのは難しい場合があります。10年以上使用している給湯器の場合は、修理と交換のどちらを選択するか、以下の点に加え、修理履歴や最近発生している故障の頻度なども考慮して判断する必要があります。

故障箇所

比較的簡単な部品の故障であれば修理で済む可能性があります。基板や熱交換器などの主要部品が故障している場合は、交換が必要になる可能性があります。

保証期間

メーカー保証期間内であれば、無償で修理または交換してもらえます。保証期間外であれば、修理または交換にかかる費用は自己負担となります。

その他

台所や浴室など、設置場所によっては交換工事が難しい場合があります。家族の人数が多い場合は、給湯能力の高い給湯器が必要になります。
迷ったら、給湯器の販売・施工業者に相談することをおすすめします。業者さんは、給湯器の状態を点検したうえで、修理と交換のどちらが最適かをアドバイスしてくれます。給湯器の修理・交換を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

まとめ

10年以上使用している給湯器が壊れた場合、修理と交換のどちらを選択するか悩ましいです。費用面や安全面、今後のランニングコストなどを考慮する必要があります。修理のメリットは費用が安く、短時間で対応できることですが、根本的な解決にならない可能性や部品の入手困難などのデメリットもあります。

一方、交換のメリットは新しい機能を搭載できることや長期間使えることですが、費用が高く、工事に時間がかかるデメリットもあります。給湯器の修理・交換を検討する際は、これらのメリットとデメリットをよく理解して判断することが重要です。

ランキング一覧

会社名
菜花空調
仙台給湯器.com
タゼン
正直屋 仙台店
創和工務店
おすすめポイントガスに関するあらゆるケースに対応する専門家集団!メーカー多数取り扱い!豊富な商品ラインナップ!ガス給湯器業者としては57年、企業としては421年の信頼と実績!いつでも連絡・対応可能なので安心!「ガス機器設置スペシャリスト」の登録店!
公式サイト