設置を考えている方必見!仙台市内のガス給湯器業者!

オール電化ではなくガス給湯器の方が良い理由

これまで長きに渡り、「ガス給湯」は給湯システムにおいて最もメジャーな存在であり続けてきました。

しかし近年では、そうしたガス給湯に対しオール電化などの電気給湯も追い上げを見せるようになってきております。

ところがこのようにオール電化が普及することにより、却ってガス給湯のメリットが見直されるというケースも増えてきているようです。

ではオール電化と比較してガス給湯器がより優れているといえるのは、一体どのような理由によるものなのでしょうか?

ここではオール電化に比べてガス給湯器の方が良いといえる、その理由について紹介をしていきたいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

・初期費用が安い

ガス給湯器がオール電化よりも優れている点としては、第一に本体価格や工事費用などの初期コストが安いということが挙げられます。

通常、オール電化を一般家庭に導入する場合、その初期費用は総額で50万円ほどになるとされるのですが、ガス給湯器の場合では高くても十数万円程度が相場であり、より高性能なエコジョーズを導入する場合でも30万円程度となっています。

・非常時のリスクがない

オール電化を使用していく上で大きなリスクとなるのが停電です。

地震や雷雨などの災害はもちろんのこと、停電はさまざまな原因で起こりやすい現象であり、その都度給湯が全停止してしまうというリスクがあります。

特に冬場にこうした停電が発生した場合にはその影響は非常に大きいものになる可能性もあります。

一方でガス給湯器の場合には、こうした非常事態のリスクが低い傾向があります。

もちろんガス管の破裂などが発生するリスクも無いわけではありませんが、やはり停電に比べるとその頻度はかなり低いと言えるでしょう。

・安定して湯量・湯温を保つことができる

意外と知られていないことですがオール電化の場合、給湯時のお湯の量や温度などが安定しないというデメリットが存在します。

まずお湯の量に関しては、オール電化の場合給水タンクに水を貯め、その水を自前のポンプによって放出するためどうしても水量や水圧などが安定せず、使っている途中で弱まってしまうことがあります。

一方でガス給湯器の場合は水道そのままの水量・水圧が維持されるためこうした心配はありません。

またお湯の温度に関してはオール電化の場合水をタンクに貯め、その中で加熱をするのですが、一日中加熱をした場合、電気代の額が非常に大きくなってしまいます。

そのため通常は電気料金の安い夜間に加熱し、そのお湯を一日かけて使うのですが、この場合どうしても時間とともにお湯が冷めていってしまうのです。

一方でガス給湯器の場合にはその都度水を温めて使用するため、やはりこうした心配はありません。

・作動時の音が静か

オール電化で意外と多いのが、作動時の騒音による近隣トラブルです。

特に前述した通りオール電化は電気料金の安い夜間に長時間集中して発電・加熱を行うため近隣住民から「うるさくて眠れない」などの苦情が寄せられてしまうということがあるのです。

一方ガス給湯器の場合にはもちろん多少は音が出はするものの、オール電化に比べれば音量は小さく、また起動時間も分散されているため近隣トラブルはほとんど起こりません。

・給湯器本体の設置スペースが小さい

オール電化とガス給湯器の本体同士を比較した場合、まず目につくのはそのサイズの違いです。

オール電化の給湯器の場合自前のタンクで貯水をしなければならず、またそれをお湯を同じく自前のポンプで送り出さなければならないため、どうしてもそのサイズは大きくなってしまいます。

それに比べガス給湯器はオール電化に比べ給湯器本体のサイズが非常に小さく、設置スペースもそれほど必要ありません。

サイト内検索
ランキング
菜花空調
仙台給湯器.com
タゼン
正直屋 仙台店
創和工務店