設置を考えている方必見!仙台市内のガス給湯器業者!

ガス給湯器のメンテナンス方法

一般的にガス給湯器を使用する上での寿命は10~15年程度であると言われており、経年劣化などにより故障をした場合には修理、もしくは買い替えをしなければなりません。

しかしその一方で、どうしてもそうした寿命を伸ばしたいと考えておられる方も多いのではないでしょうか?

そしてこういった機械類の寿命を伸ばすために必要となるのがメンテナンスです。

しかしガス給湯器をメンテナンスする場合、素人にそれができるのか?危険はないのか?といった疑問が残るのも確かです。

そこでここでは、そういった素人の方にでもできるメンテナンス方法、およびその方法などについて紹介をしていきたいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

故障をした場合には触らない

ガス給湯器のメンテナンスを行う際にまず気をつけておきたいこととしては、故障など何らかの不具合が確認された場合にはなるべく自分自身でガス給湯器を触ったりせず、速やかに業者を呼ぶようにしてもらいたいということです。

故障をしたガス給湯器は火傷や出火などを引き起こす恐れがあるため、安全性という観点から極力素人の方は触らないほうが良いと言えます。

具体的な症例としては

・給湯器やその周辺に焦げた跡やすすなどが付いている
・外装に穴や凹みがある
・異常な音や臭いなどがある

と言ったような場合には速やかに使用を停止し給湯器本体には触らず、直ちに業者を呼ぶようにしてください。

メンテナンスは故障する前から日常的に行う

ガス給湯器をメンテナンスする場合の鉄則は、「不具合が生じてから行う」のではなく「日常的・定期的に行う」というものです。

前述した通り、一度ガス給湯器が故障や不具合を起こしてしまった場合、それを素人の方が対処するのはほとんど不可能であり、そうした事態が生じる前の段階でしかできることはありません。

また実際にメンテナンスを行う場合には、必ずその製品の取扱説明書をしっかり読んだ上で行うようにしてください。

最低限の安全性の確保

日常的に行うガス給湯器のメンテナンスとしてまず行なってほしいのが最低限の安全性の確保です。

例えば給湯器や配管の周りに燃えやすいものが置かれていないか、給気・排気口がゴミやホコリが詰まっていないかなどを確認し、もしそのような状態である場合にはそれらを取り除くようにしてください。

またオイルタンクや送油管に関しても、そこから油漏れなどをしていないか確認し、もしそのようなことが確認できた場合には直ちに専門業者を呼ぶようにしてください。

またそうしたゴミやホコリを寄せ付けないようにするために日常的に給湯器の周りをきれいにしておき、給湯器本体の外装についても拭き掃除などを行なっておくようにすることも大切です。

フィルターを掃除する

素人の方でも行うことができる日常的なメンテナンス方法としては給水接続口や浴槽の循環アダプターなどのフィルターの掃除も挙げられます。

具体的な手順に関しては製品ごとにも違ってくるため、掃除を行う場合には所有されている製品の説明書にしっかりと目を通した上で行うようにしてください。

定期的に保守点検を行う

ガス給湯器のメンテナンス方法としてもっとも確実なのが専門業者による定期的な保守点検です。

ガス機器に詳しくない素人の方の点検にはどうしても限界があり、また給湯器のさまざまなパーツをいじってしまうことにより却って怪我や故障などのリスクが生じてしまうのも確かです。

そういったリスクを回避するためにも業者による定期点検を行うということが非常に重要となります。

もちろん定期点検はそこまで頻繁に行う必要はありません。

今現在お使いのガス機器が購入してから5年以上経過しているものである場合には取り敢えず一回受けるようにし、その後2年に1回ほどのペースで継続して点検をしてもらうようにしてください。

サイト内検索
ランキング
菜花空調
仙台給湯器.com
タゼン
正直屋 仙台店
創和工務店