設置を考えている方必見!仙台市内のガス給湯器業者!

ガス給湯器の寿命はどれくらい?

どのような機械類にも同じことがいえますが、ガス給湯器には使用をする上での「寿命」が存在します。

普段ガス給湯器を使っている際には多くの人はその寿命のことなどほとんど考えることはないのではないかと思いますが、一度給湯器が故障をしてしまうと復旧までの生活はかなり不便を強いられることとなり、冬場の場合にはさらに厳しい状況になることも予測されます。

では、ガス給湯器の寿命は一体どれくらいなのでしょうか?

また寿命が切れる前に気をつけておきたいことや、寿命を延ばすためにできることなどは何かあるのでしょうか?

ここでは、そういったガス給湯器の寿命に関する事柄について紹介をしていきたいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

ガス給湯器の平均的寿命について

ガス給湯器の平均的な寿命は、おおよそ10~15年程度であるとされています。

ただしこれはあくまでも平均であり、実際の数字にはさまざまにばらつきが見られるということも確かです。

例えばガス給湯器を使っている人の中には、一度も故障をせず20年以上に渡って使い続けているという人も少なくはありません。

一方で使い方によっては6~8年程度で故障をしてしまうという事例も絶対数では少ないものの存在します。

ただし現在では多くの業者が10年程度を目処に点検を行うようになっており、その時点で自動的に修理や交換などがなされるという風にもなってきております。

ガス給湯器の寿命を縮めてしまう使い方

先程も述べましたように、ガス給湯器は使い方次第ではその寿命を縮めてしまう場合があります。

例えば大家族など給湯器を使う人が多い家庭では、給湯器を頻繁に使う分だけ部品の劣化が進行しやすく寿命も短くなります。

またそれ以外に給湯器の寿命を縮める要因となるのが入浴剤です。

入浴剤を使った状態で追い焚きをすると給湯器内部に入浴剤の成分が入り込み内部で結晶化することにより故障が引き起こされやすくなります。

また同様に地下水を引いて使用しているというご家庭では地下水に含まれる炭酸カルシウムなどの成分が同様に結晶化することで故障を引き起こす場合があります。

またガス給湯器のうちでもエコジョーズ製品をお使いになられている場合、エコジョーズは内部構造が複雑な分故障が起こりやすく一般的なガス給湯器に比べて寿命も短くなりがちとなります。

ガス給湯器の寿命の前に起こりがちな現象

ガス給湯器が寿命を迎える前には、いくつかのパターンで前兆となる現象が見られる場合があります。

具体的にはコントローラーにエラーコードが表示される、お湯の温度が一定ではなくなる、異音・異臭がする、給湯器の作動時に煙が出るなどの現象が起こるとされます。

特に異音や異臭がする場合、煙が出る場合に関しては出火や爆発の危険性もないとはいえないため、こうしたことが起きた場合には直ちに給湯器の使用を停止し専門業者に連絡をするようにしてください。

ガス給湯器の寿命を延ばす方法

現在お使いのガス給湯器の寿命を少しでも伸ばしたいとお考えである場合、まず重要となるのが日常的なメンテナンスです。

例えば特に屋外に給湯器を設置されているという場合、排気口の周辺にゴミや雑草などがあるとそれが寿命を縮める要因となる場合があります。

また浴槽のフィルターを掃除することにより、汚れなどが給湯器内部に入り込まないようにするということも重要です。

また給湯器から排出される排気には微量の硫黄や亜硫酸などが含まれております。

給湯器の正面に物が置かれている、壁などがあるなどの場合、そうした有害な排気が給湯器の周辺に滞留し、それによって給湯器にダメージを与えてしまう場合があります。

ですので給湯器の正面にはできるだけ物が無い状態を保つようにし、空気が循環できるよう気を付けるのが良いでしょう。

サイト内検索
ランキング
菜花空調
仙台給湯器.com
タゼン
正直屋 仙台店
創和工務店